入試情報

教育に関する基本方針

教育に関する基本方針
建学の精神
中庸を旨とし 勤労を尊び 職業人としての総合能力を有する
人間性豊かな 人材の養成
教育理念
品格をもとにした豊かな人間性と専門的な知識や技能を身につけ、
それらを生かして積極的に社会に貢献できる女性を育成する。

【 3 つのポリシー 】
アドミッション・ポリシー :
入学者受入方針

以下の内容を身につけ、本学の教育理念にそって学修に努力して取り組んでいこうとする人とする。

  • 1知識・理解
    学びに必要となる基礎的・基本的な知識や概念
  • 2思考・判断・表現
    学びにおける課題解決に必要となる基礎的な思考力・判断力・表現力
  • 3技 能
    学びに必要となる基礎的・基本的な技能
  • 4関心・意欲・態度
    学びの内容に関心を持ち、主体的かつ協働的に取り組もうとする態度

カリキュラム・ポリシー :
教育課程編成・実施の方針

  • 学生が幅広い視野をもって学科目的に沿った主体的な学びが行えるよう、その基盤づくりとして教養教育とともにキャリア教育も含む総合的な内容からなる教養科目を開講し、適切な選択や受講ができるようにする。
  • 学生が専門的な知識と技能を体系的に学べるよう、各学科に専門に関する科目を基礎から応用までの学修段階に配慮した順序と内容で開講し、教養とともに専門分野に係る「知識・理解」「思考・判断・表現」「技能」「関心・意欲・態度」の伸長と定着を目指せるようにする。
  • 学生が教養科目と専門に関する科目を学修するにあたっては、主体的な学びを目指す学修活動を中心に、科目の特性に応じて、地域社会と結びついた実践的な活動、環境を重視し社会性と協調性、その基盤となる自律性と品性などを身につけていく活動に取り組んでいけるようにし、これに配慮して各科目を配列する。
  • 学生が科目を受講するにあたっては、各科目の目標とDPとのつながりを示したカリキュラム・マップと、教育課程における各科目の関連や順序を示したカリキュラム・ツリーを活用して、教育課程とその内容等を確実に理解しながら学修に臨めるようにする。

ディプロマ・ポリシー :
学位授与の方針

  • [知識・理解]専門的知識と社会人に求められる教養について理解を深め、必要な知識を確実に身につけることができる。
  • [思考・判断・表現]社会で活かせる思考力と表現力を身につけ、知識や技能を活用しながら判断して、課題解決に取り組むことができる。
  • [技能]専門的な技能や技術を確実に修得し、コミュニケーション能力を身につけて、これらを活用することができる。
  • [関心・意欲・態度]社会や環境への関心を持ち意欲をもって学修活動に取り組めるとともに、徳性の涵養と健康な身体づくりができる。