大垣女子短期大学  >  学生生活  >  緊急時の対応について

 

学生生活

緊急時の対応について

緊急時における休講
「暴風警報」、「大雪警報」または「特別警報」のいずれかが岐阜・西濃地区に発令された場合
午前6時30分現在、発令中 1・2時限目の授業を休講
午前6時30分を過ぎた時点で発令 発令時点から休講
午前10時30分までに解除 3時限目より通常授業
午前10時30分現在、発令中 当日の授業はすべて休講
地震に対する学生の心得

1.東海地震判定会が招集された場合

警戒宣言が発令されると、電車・バス等の交通機関はすべて運行中止になるので、本学では東海地震地域判定会招集の報道があった時点で教育活動を中止します。この場合の対処方法は次の通りです。また、常に新しい情報を入手して下さい。

自宅にいる時 自宅待機
下宿にいる時 下宿待機
登下校中の時 自宅、大学、最寄りの避難所のうち近いところへ向かう。
実習先にいる時 実習先の指示に従う。
学内にいる時 教職員の指示に従う。
その他 遠方で自宅に戻れない場合は、その場で身の安全を図る。

2.注意警報が発令された場合

◯学内にいる場合
・学内での指示に従う。交通機関を利用しない範囲内で速やかに自宅に戻る。
※上記以外は、原則として大学に残る(避難はグランドに)
◯学外にいる場合
大学周辺 速やかに大学に登校、又は自宅に戻る。
自宅・下宿近辺 それぞれの地域の指示に従う。
登下校中 その場で身の安全を図り、その地域の指示に従う。
実習先 実習先の指示に従う。
その他 その場での指示に従う。

3.突発的に地震が発生した場合

地震が発生しても慌てず冷静に次のように対処してください。

◯学内にいる場合
授業中 直ちに出入り口の扉を開け、速やかに机の下等に身体(特に頭部)を隠す。
火気使用中 直ちに火を消し、出入り口の扉を開け、速やかに机の下等に身体(特に頭部)を隠す。
廊下通行中 壁に身を寄せる。
渡り廊下や階段通行中 速やかにその場を離れ、近くの安全な場所に退避する。
体育館 壁に身を寄せ、落下物に注意する。
カフェテリア、みずきサロン等 物品、ガラス等の飛散に注意し、テーブルの下等に身体(特に頭部)を隠す。
屋外 速やかに建物、高い壁、階段等から離れ身の安全を図る。

 

◯地震の揺れが収まった時
・担当教員の指示に従い、周囲の安全を確かめながらグランドに集合し、そこでの指示に従う。
・近くに教員がいない場合でも、周囲の安全を確かめながらグランドに集合し、そこでの指示に従う。
◯学外にいる場合
登下校中その他で、学外の場合は、まずその場で身の安全を図ること。
揺れが収まったら
大学周辺 周囲の安全を確かめ、大学に来る。
自宅近辺 周囲の安全を確かめ、自宅に戻る。
その他 周囲の安全を確かめ、その地域等の指示に従う。

4.警戒宣言の解除や地震の収束後

掲示板や本学のホームページの指示によって通学して下さい。

 

資料請求 資料請求