歯科衛生学科

特 長

学びの特長

  • 卒業後の活躍を見据えた専修クラス▶ 大垣女子短期大学だけ!

    1、2年次で基本的な知識・技術を修得した後、3年次後期より、4つの専修クラスに分かれます。歯科衛生士としての専門性をさらに高めます。

    病院歯科専修クラス

    学生の居住状況などにより最適な病院を選択し、近隣の総合病院歯科の施設での実習を行います。

    審美歯科専修クラス

    歯科矯正の分野を中心に審美的改善をするための専門的な知識・技術を身につけるために実習を行います。

    専門的口腔ケア専修クラス

    高齢者施設や特別支援学校、病院での実習を行い、専門的な口腔ケアについての知識・技術を高めます。

    総合歯科診療専修クラス

    主に歯周治療のメインテナンス中心の歯科医院を実習先として選択し、そこで実習を行います。

  • 充実の施設・設備で、実践的な技術が身につく▶ 東海地区NO.1※1

    最新の模型(マネキン)実習机を一人につき1台完備。さらに、最新のユニットチェアによる相互実習で、実際の歯科医療のさまざまな場面で活躍できる実践力を身につけます。

    ※1 平成30年4月現在、マネキン実習机保有台数68台、ユニットチェア36台
    ※2 平成30年8月新ユニットチェア導入予定

  • 専修クラスごとに実習の事前・事後指導
    事前指導・実習・事後指導

    実習に行く前の不安や問題点を確認し、準備をしっかりした上で実習へ。さらに、実習から戻り、不十分だった部分を先生を交えて話し合い復習することで、多くの気づきにつながります。これを繰り返し行うことで現場での対応力を身につけます。

  • 高い合格率を誇る、国家試験対策

    ● 徹底した試験科目の復習を実施…1~2年次で学んだ基礎科目を3年次に再度復習。
    ● 模擬試験による実力づくり…3年次の後期には、6~7回の模擬試験を実施。
    ● 習熟度に合わせた指導 …一人ひとりに合わせた指導で、苦手科目もしっかりと克服。
    ● いつでも質問OK …国家試験直前まで、教員が即時対応。万全の準備で試験に挑めます。
    国家試験合格率 過去5年間平均 97.0%

    歯科衛生士(国家資格)に加え、「短期大学士(学位)」を取得!

    ● 海外でも取得単位が保証されるので、幅広い活躍が可能に。
    ● 結婚を機に職業をかえるなど、多様化する女性の生き方に合った“将来のアドバンテージ”に