歯科衛生学科

歯科衛生士とは

歯科衛生士になるために必要な学び

歯科予防処置

歯科の二大疾患である、むし歯と歯周病を予防するための業務です。フッ化物の塗布、歯垢・歯石の除去などを主に行います。

歯科診療補助

歯科医師の指示のもと、歯科医療の一部を担います。診療用器具の滅菌・消毒やX線撮影の補助、カルテ管理など、さまざまな仕事があります。

歯科保健指導

生活習慣病であるむし歯や歯周病の予防には、歯科保健指導が不可欠です。はみがき指導を主に口の健康全般についての指導を行います。

摂食嚥下リハビリテーション

患者の生活の質を向上するために、摂食嚥下(食べる・飲みこむ)など口腔機能の維持と向上のための知識や技術を学びます。

歯科衛生士のメリット


歯・口腔の健康は、「自分の歯でおいしく食べる」、「楽しく会話する」など、健康で生き生きとした生活を 送るための基本となります。また、近年では、さまざまな調査研究から 「歯・口腔の健康と全身の健康の関係」が明らかになり、歯科衛生士の役割に関心が高まっています。 歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする 国家資格の専門職です。

ますます広がる活躍の場


社会的ニーズによって、歯科衛生士が必要とされるステージが広がりました。歯科医院だけではなく、総合病院や介護保険施設などでも、歯科衛生士の専門的な知識や技術が必要とされています。

ケアマネージャー(介護支援専門員)を目指すことが可能

認定を受けた要支援・要介護の方々のためのケアプランを作成し、該当する自治体や・各種サービス事業者・介護保険施設などとその調整をするのがケアマネージャー。将来的にも歯科衛生士のスキルを生かした活躍の場が広がります。

将来性があり、続けやすい仕事

たとえば、結婚・出産・子育てなどで離職するブランクがあっても、国家資格だから再就職の際もとても有利。実は現役の歯科衛生士のうち7割以上は30歳以上です。やりがいをもって長く続けられる仕事です。

  • ◎国家資格があるので結婚や出産で一時離職しても再就職に有利である
  • ◎経験を重ねキャリアアップすることで活動分野が広がる
  • ◎歯科衛生士の求人数が年々増加している

歯科衛生士について詳しく知りたい方は日本歯科衛生士会(参考)をご覧ください。