歯科衛生学科

OG Voice

大垣女子短期大学で夢を叶え
社会で活躍する先輩にインタビューしました

2016年度歯科衛生科卒業
(岐阜県大垣市出身)

就職先名
大垣市保健センター
Voice 01

市民のニーズに寄り添った
歯科保健サービスを提供できる
歯科衛生士を目指しています

行政職の歯科衛生士として集団健診や小学校での歯磨き指導など、保健師や管理栄養士、理学療法士などさまざまな職種の方と連携しながら仕事をしています。
在学中は歯科衛生士としての知識や技術はもちろん、社会人としてのマナーやコミュニケーションのとり方など幅広く学んできました。歯科保健指導の授業では実際に小学校に出向いて歯科指導を行いますが、指導内容や資料など、すべてグループで作成し、練習したことが現在の仕事にとても役立っています。
まだまだ未熟で知識不足を感じますが、常に明るく笑顔で対応し、市民のニーズに寄り添った歯科保健サービスを提供できるようになりたいと思います。
大垣女子短期大学は、最新の歯科ユニットなど設備が整った環境で実習ができ、また先生方が熱心に指導してくれるので、安心して学ぶことができます。ぜひ、この短大で歯科衛生士になる夢をかなえましょう。

2017年度歯科衛生科卒業
(愛知県一宮市出身)

就職先名
まごころ歯科
Voice 02

臨床実習で、患者に寄り添う姿勢の
大切さを学びました

人を支える歯科衛生士という仕事に就きたいと思い、大垣女子短期大学に進学しました。大学案内を見て少人数制で、先生からしっかりと指導を受けることができる環境だと思ったこと、また高校の先生から勧められたことが決め手になりました。
在学中は臨床・臨地実習を通してさまざまな年齢層や考え方を持つ患者に対し、寄り添う姿勢をもちながらコミュニケーションをとることが歯科衛生士の大切な役割であることを学びました。授業で口腔ケアの新商品のレクチャーを受けたことや、歯科保健指導なども実践的で今の仕事に役立っています。
学生時代、私は内気な性格で人に話しかけることが苦手でしたが、先生には相談しやすく、また先生からも声かけをしてもらえてとても心強かったです。今後は自信を持って患者に向き合えるよう、よりスキルアップしていきます。

2016年度歯科衛生科卒業
(岐阜県大垣市出身)

就職先名
谷川歯科医院
Voice 03

短大時代に培った
コミュニケーション能力が生きています

歯の矯正に通っていたことで歯科衛生士に親しみを持ち、将来の仕事として考えるようになりました。実際に働くようになって、短大での学びが生かされていると思うことは、コミュニケーションの取り方です。在学中には、学生同士で患者と歯科衛生士役になり、相互実習をしっかりと行いました。マネキンを使っての実習や座学でしっかり学修をしてもコミュニケーションの取り方は学べません。実際の人に向き合ってケアなどを行うことで、「こういうことをされるといやだな」とか「こんな声掛けをしてあげるといいんだな」などが理解できたので、患者への気遣いや思いやりの姿勢に、少しずつ気づけるようになってきたと思います。
また、先生に対しても遠慮せずに分からないことをどんどん聞いていました。これによって、就職後も恥ずかしがらずに発言したり質問ができて、とってもプラスになっています。さらに、最新の設備が学校に揃っていたことも大きなアドバンテージだったと思います。学修環境が整っているこの短大で歯科衛生士を目指しましょう。

コミュニケーション能力を武器に、歯科衛生士として成長していきたいです。