学友会

学友会

気仙沼市へのボランティア報告会開催します

DSC_1397

学友会は6月頃から、

みずき祭をどんなテーマにするか、今年のみずき祭をどんなふうにしたいか考えました。

毎週の定例会が、たびたび息詰まることもありましたが、みずきInfinityというテーマにきめ、

何か東北の被災地へ支援できないかと思いました。それは遠方からここまで来ている学生が多いことから

日本で起こった大変なことをみんなでとりくみたい でも実際何をしたらいいのか分からない、

テレビ番組で、一年たった今・・・などの被災地の番組がやっていて、とても悲しい気持ちになり、何かしたい

学校組織で一人一人が集まれば大きな力になるっ と思って、まず日程があう学友会だけで、現状をみること

演奏や読み聞かせ、とにかくふれあいをしていくんだ と、学友会みんなで決めたことでした。

それと、自分たちがいまいる大垣も知りたいし、貢献したいという気持ちも同じくらいあったので、

「元気ハツラツ市」に参加したり、みずき祭にご来場頂いたみなさんが楽しめるよう、活動してきました。

気仙沼へ伺ったメンバーは、みずき祭や元気ハツラツ市でも掲示をし、多くの方々にみてもらうことが

できました。それに、気仙沼にいく時は、西之川町の盆踊り大会に足を運び、わかたけ保育園さんに頂いた

らくがき帳の裏に、西之川のみなさまから、何冊もメッセージを書いて頂き、渡すことができました。

1059 2060 3062

4063 5064 6073

7070

8144

・・・っとそして・・。

みずき祭が終わり、またいつものように学友会メンバーが定例会で集まり、みずき祭の反省会をしていて、

気仙沼市での活動について考えたとき、ふと、気仙沼市に訪れた子と訪れていない子の想いの差があるこ

とに、はっと 気が付きました。

みずき祭までどたばたの毎日で、各担当でやらなきゃいけないことにおわれ、気仙沼での報告を学友会の

中でさえ 浸透されていないことに はっとしたのです。

 

恥ずかしい話・・・。 もちろんあのオープニング劇は心をこめて、やりましたが。

お金と時間を使っていくことができたのは、みんなのおかげ。

伝えきれていないです!

 

火曜日、みんなに伝えたいので、是非是非、お越しください。よろしくお願いします。

※もし授業でこれなくて、何か意見とか思いがあれば、学友会に申し伝えてください。

それかメールで送ってください。よろしくお願いします。

メールアドレス→komatu@ogaki-tandai.ac.jp

9けせんぬま