構成感覚を養う

  1. デザイン美術学科 講師 伊藤 麻子
  2. グラフィックデザインの表現の基礎となる、色彩や形態、それらの配置構成によって生じる空間感覚を、自分の手で描いたり貼付けたりするアナログでの作業を通して、センスを磨き高めることを目指す。
 
 
内容
  1. 画面を構成するレイアウト演習をアナログ作業で行います。

    枠の中に、色紙辺を貼付けていきます。枠内に、限られた数の色紙辺をどのように置くかによって、画面の中に緊張または緩和が生じます。配置の仕方によっては、スピード感や重量感、リズム感等を表現することも可能です。空間の作り方や、対比関係の作り方を自分の手を動かし試しながら、与えられたテーマを表現する構成感覚を味わってみましょう。

 
 
出講可能な時間帯
  1. 4月〜7月(前期)・・・木曜日 午後
  2. 10月〜1月(後期)・・・木曜日 午後
 
 
講師プロフィール
  1. (1)専門分野…グラフィックデザイン
    (2)主な担当科目…デザイン基礎、グラフィックデザイン、絵本、装飾体験
    (3)一言メッセージ…構成の世界、グラフィックデザインの基礎に触れてみませんか。
 
 

一覧へ戻る