障がい者福祉制度について

  1. 歯科衛生学科 講師 縄田 理佳
 
 
内容
  1. 2013年4月に、障害者総合支援法や障害者差別解消法が施行され、障がい者の社会参加の機会の確保及び地域社会における共生、社会的障壁の除去を目的とした様々な支援が実施されています。
    超高齢社会になったわが国では、在宅で介護保険サービス等の支援を受けながら高齢者が健康に暮らすことが重要課題となっていますが、同様に障がい者も地域で生活できるようにすることが課題となっています。
    本講座では、障がい者が地域社会で共生するために必要な制度を理解し、「普通に生きる」ためにどのような支援が行われているのか、また地域移行や地域生活の支援に有効なピアサポートとは何かをお伝えしたいと思います。
  2.  
  3. 準備物:プロジェクター スクリーン
 
 
出講可能な時間帯
  1.  4月〜7月(前期)・・・ 火曜日
  2. 10月〜1月(後期)・・・ 月曜日
  3.  
  4. ※なお、この時期・時間帯以外でのご依頼の場合には生涯学習係までお問い合わせ下さい
 
 
講師プロフィール
  1. (1)専門分野… 口腔保健福祉学
    (2)主な担当科目… 歯周病予防技術法、保健指導
    (3)一言メッセージ… 誰もが普通に地域で暮らすために、活用できる支援や自らが支援者となるためにどうすればよいのかをお話したいと思います。
 
 

一覧へ戻る