音楽総合学科

授業紹介

ピックアップカリキュラム

〈管打楽器リペアコース〉
リペア基礎/応用

リペア基礎では、管楽器のリペアについて、使用工具の扱い方や安全衛生について、楽器の扱い方の基本を学びます。また応用では、課題の難易度を上げ、作業を効率化させる方法などを学びます。

〈ウインドアンサンブルコース〉
ウインドアンサンブル

さまざまなジャンルの曲を取り上げ、各所においてそれぞれの役割を理解し、演奏力の向上を図ります。また、一流プレイヤーの個人レッスンを受けることで、高い技術の修得を目指します。さらに年間20~30回の演奏会をこなすことで、より実践的な演奏者を目指します。

〈ピアノコース〉
ピアノ

個々の技術力や将来の希望に合わせたきめ細かい指導で、個性を大切にしたレッスンを行います。作品について研究し理解を深め、音色や響きを追求し、表現力豊かで魅力的、感動的な演奏を目指します。

〈電子オルガンコース〉
電子オルガン

個人レッスンで個々の技術力や将来の希望に合わせた指導を行います。奏法、タッチ、音色、リズムの組み方、レジストレーションの組み方、エフェクトの使い方などを学び、既成曲から自編曲までレパートリーの幅を広げ、演奏表現力を養います。

〈音楽療法コース〉
音楽療法概論

音楽療法の定義やプロセスを踏まえながら、障がいや問題を抱えた人の支援に音楽を役立てることについて学びます。また、模擬実践などの音楽活動を通して、音楽が私たちの心身に与える影響について体験します。

専門科目紹介

P・Orアンサンブル

ソロとは違ったアンサンブルの音色や魅力、連帯感を楽しみながら、技術や表現力を身につけます。

吹奏楽理論

各楽器の特徴を理解したうえでスコアリーディングなどを学び、最終的にその知識を生かして簡単な編曲を行います。

楽器奏法

フルート・クラリネット・サクソフォン・ホルン・トランペット・トロンボーンといった吹奏楽で使用される代表的な管楽器のレッスンを受けます。

音楽療法概論

音楽療法の定義やプロセスをふまえながら、「障がいや問題を抱えた人々の支援に音楽を役立てること」について学びます。