入試情報

平成31年度 幼児教育学科・デザイン美術学科・音楽総合学科 実技試験内容

幼児教育学科
選考方法 内容・課題 注意事項等
実技 子どもと関わる仕事に強い関心を持ち、子どものこころに寄り添える感性を持っているか、下記の課題実技及び自由実技により評価する。
<課題実技(保育技術に関するもの)>
・折紙制作
子どもへの遊びの指導として、次の3つの課題をすべて制作。(15分間)
①3歳児向け作品 ②5歳児向け作品 ③自分が興味ある作品
作品を選んだ理由と折り方のコツ、子どもにつけたい力などについて説明する。
<自由実技(保育・福祉に関する自己PR)>
次の①~④から1つを選択し実施。(8分間)
①ピアノなどの楽器の演奏や弾き歌い(音楽)
②手遊び、絵本の読み聞かせ、紙芝居、パネルシアター、エプロンシアター等の実演(言語)
③子どもを取り巻く社会問題への感想や意見(時事)
④ボランティア活動や生徒会活動の感想や意見(社会貢献活動)
<課題実技>
折紙は本学で準備。
(トーヨー教育おりがみ 15cm×15cm 27色入り27枚)
折紙教本、見本などの持ち込みは不可。
作品説明用の資料やパネルなどの持ち込みは不可。
作品の色合いは評価対象に含まない。
<自由実技>
エントリーシートに①~④から選択するものを記入。
①の場合、ピアノ以外の楽器は各自で準備、持参すること。
②の場合、必要な素材は各自で準備、持参すること。
③④の場合、発表形式は自由とする。
デザイン美術学科
選考方法 内容 時間 用紙サイズ等 注意事項等
マンガ制作 『ことば』から連想するシーンの作画 90分 B4判程度 鉛筆又はシャープペンシル(H〜2B)
消しゴム、30cm程度の直定規を持参のこと
鉛筆デッサン 卓上静物のデッサン 90分 四つ切 鉛筆(2H〜4B)、消しゴム、練りゴムを持参のこと
小論文 テーマに対して自らの視点に立った感想を述べる 60分 600字程度 併せて下記の「作品審査」を実施
作品審査 自作品持参に基づく口頭試問 10分 程度 下記の指定課題と自由課題を持参のこと
<指定課題>…マンガ制作又は鉛筆デッサン
マンガ制作
 「平成31年度入学試験要項 過去問題集」P.34からいずれか1つのタイトルを選び制作。作画の条件はP.34参照。
 用紙サイズはB4判程度、制作時間は問わない。
鉛筆デッサン
 果物又は野菜と15cm×15cm程度の色紙(いろがみ)。
「平成31年度入学試験要項 過去問題集」P.34参照。
 用紙サイズは四つ切、制作時間は問わない。

 

<自由課題>…マンガ、イラストレーション、デッサンなど。3点以内。
※指定課題は返却しません
※持参作品の裏面に氏名、受験番号を記入すること
※指定課題と自由課題を持参しなかった場合、作品審査を受けることはできません

音楽総合学科
コース 課題 注意事項等
ピアノ 1、2の2曲
1.自由曲1曲(練習曲も可)
2.Haydn,Mozart,BeethovenのSonataより第一楽章又は最終楽章のいずれか1つの楽章
暗譜。
原則として繰り返しなしとする。
電子オルガン 自由曲1曲
(本学設置機種ELS-02C・ELS-01C)
暗譜。
原則として繰り返しなしとする。
ウインドアンサンブル 任意の楽曲又は、練習曲を1曲
演奏する楽器は次のいずれかとする。
※志願票に記入してください。
フルート(ピッコロ可)、オーボエ、クラリネット(E♭・B♭・アルト・バス)、ファゴット、サクソフォーン(ソプラノ・アルト・テナー・ バリトン)、トランペット、ホルン、トロンボーン、ユーフォニウム、チューバ、コントラバス、小太鼓、マリンバ
楽譜はみてもよい。
伴奏なし。
本学の楽器の借用を希望する場合は、志願票に必要事項を記入してください。
音楽療法 実技/演奏・演技・歌など得意とするもの。
(形態は自由)
※志願票に記入してください。また、楽器を演奏する場合は楽器名も記入してください。
楽譜はみてもよい。
伴奏は各自で伴奏者を同伴するか、音源を持参のこと。
ピアノ、電子オルガン以外の楽器で、本学の楽器の借用を希望する場合は、教務・広報課までお問い合わせください。
2コース選択
履修制度希望者
2コース選択履修制度を希望する場合の課題等は、下記一覧表を参照してください。
音楽総合学科_入試一覧表.pdf