幼児教育学科

3年制だから身につく、本当の「実践力」
幼児教育学科 Instagram

HOME

子どもから学び、子どもと共に成長する保育者に

子どもの気持ちをしっかりと受け止められる、
やさしくおおらかな感受性を持つ保育者を育てたい

学びの特長

  • 保育実践力を磨く ▶ 長期間の研修で自信がつく!

    1・2年次で保育に関する知識と技術、保育観を培い、それらを持って3年次に保育実践力を磨くための保育現場へ。保育現場と大学を「往還(行き来)」することで、実務能力・経験・自信を備えた、確かな保育実践力を身につけます。

  • 子育て支援を学ぶ ▶ 子ども・保護者を支援できる保育者に

    学生が主体となって子育てサロンを企画・運営し、多くの親子と関わります。子どもの発達段階、親子への支援方法を学び「子育て支援力」を養います。

  • 本学独自の専修科目 ▶ 資格取得も可能!

    自分らしさが輝く保育者へと成長できるよう、多岐にわたる分野の本学独自の専修科目を用意しています。保育技術だけでなく、さまざまな資格が取得可能です。

3年制だから身につく“実践力”

「先生大好き!」と子どもたちから信頼され、笑顔があふれる保育者になるために、1、2年次は保育に関する知識や技術、保育観を養い、3年次では実践力を身につけます。
大垣女子短期大学の3年制だから可能なオリジナルカリキュラムです。

3年間の学びの流れ

基礎(1年次)・応用(2年次)・実践(3年次)基礎(1年次)・応用(2年次)・実践(3年次)

豊富な実務研修で保育実践力を磨く

2年次までの学びをもとに、3年次は保育現場での長期研修を行います。
研修を通して実務能力・経験・自信を身につけます。

保育実務研修

保育現場と短大での授業の往還により“保育実践力”が身につきます保育現場と短大での授業の往還により“保育実践力”が身につきます

「子育て支援」を体験的に学ぶ

子どもの発達段階、親子への支援の方法を学び、さまざまな場面に応じた子育て支援力を養います。
2年次前期の「子ども基礎研究」と3年次後期の「子育て支援演習」の授業では、学生が主体となって子育てサロンを企画・運営し、多くの親子と関わります。

子育てサロン「ぷっぷぁ」

2008年度から本学で開設している子育てサロン。保育園や幼稚園に行く前の、家庭で生活している子どもとその保護者を対象に定期的に開催しており、地域の方々の交流の場になっています。

ある日の「ぷっぷぁ」ある日の「ぷっぷぁ」

他にも大垣市内の地域子育てサロン、子育て支援センターなどでも研修を行います。

専修科目による幅広い学び

「プラスαの実践力」を育み、なりたい“自分”をかなえられる科目と教育環境を用意しています。保育現場で生かせる保育技術を身につけるだけでなく、「音楽療法士(2種)」「レクリエーション・インストラクター」「初級障がい者スポーツ指導員」「認定療育士」など多くの資格取得を目指すことも可能です。

特別支援教育

気になる子どもへの言葉掛けの方法を学びたい、困っている子どもに寄り添いたい、そんな思いを実現するのが「特別支援教育」です。
保育現場ではさまざまな個性を持った子どもたちが集団生活しています。子ども一人ひとりの発達段階や特性などを理解し、園や家庭で必要な援助方法を学んで実践できる力を身につけます。社会的なニーズも高く、3年制教育の強みを発揮して、保育者としての視点の深さを培っていきます。

運動・遊び・レクリエーション

子どもたちと一緒に身体を動かしたい、元気いっぱいに関わりたい、そんな気持ちが子どもたちの「運動・遊び」を促進します。
運動や遊び、イベントを通して、子どもの遊びとは何かを学ぶとともに、保育現場や地域の活動で生かせるレクリエーションの知識や技術を身につけます。

音楽

幼児向けの音楽を幅広く理解・研究することによって、さまざまな保育技術を修得していきます。音楽総合学科がある本学ならではの質の高い指導を実現しています。

造形

楽しい造形活動をしながら、子どもの感性や表現力を養うための支援や指導方法を学びます。

独自の専修科目

特別支援教育研究/スポーツ・レクリエーション/障がい者スポーツ演習/保育教材研究/ウインドアンサンブル/音楽理論/音楽心理学/音楽療法・基礎/音楽療法・臨床/音楽療法・技法/音楽療法総合演習/器楽/器楽と表現活動/リトミック/造形表現の展開
(2021度入学生 教育課程)

学科長からのメッセージ

子どもに寄り添う深い視点を磨く

乳幼児期は、子どもにとって多くの「はじめて」を経験する貴重な時期です。子どもたちの健やかな成長を願うとき、子どもが人生における主役であるならば、保育者は重要な脇役といえるでしょう。完全3年制の学びの課程は、「実学」を核に構成されており、少人数教育での、きめ細かい授業や多分野にわたる豊富な資格取得の実現、そして、入学から卒業までの「学びの道すじ」を個別に描き導くアカデミック・アドバイザーの配置など、みなさんの安心と納得が得られる内容です。3年次には地域の園などにインターンを実施しており、保育者としての自信を確実に培える唯一無二の学びです。

学科長 松村 齋