幼児教育学科

3年制だから身につく、本当の「実践力」
幼児教育学科 Instagram

HOME

子どもから学び、子どもと共に成長する保育者に

子どもの気持ちをしっかりと受け止められる、
やさしくおおらかな感受性を持つ保育者を育てたい

学びの特長

  • 保育実践力を磨く ▶ 長期間の研修で自信がつく!

    1・2年次で保育に関する知識と技術、保育者観を培い、それらを持って3年次に保育実践力を磨くための保育現場へ。常に保育現場と大学を「往還(行き来)」することで、実務能力・経験・自信を備えた、確かな保育実践力を身につけます。

  • 子育て支援を学ぶ ▶ 大垣女子短期大学だけ!

    学生が主体となって子育てサロンを企画・運営し、多くの親子と関わります。子どもの発達段階、親子への支援方法を学び「子育て支援力」を養います。

  • 本学独自の専修科目 ▶ 資格取得も可能!

    自分らしさが輝く保育者へと成長できるよう、多岐にわたる分野の本学独自の専修科目を用意しています。保育技術だけでなく、さまざまな資格が取得可能です。

3年制だから身につく“実践力”

「先生大好き!」と子どもたちから信頼され、笑顔があふれる保育者になるために、1、2年次は保育に関する知識や技術、保育観を養い、3年次では実践力を身につけます。
大垣女子短期大学の3年制だから可能なオリジナルカリキュラムです。

3年間の学びの流れ

基礎(1年次)・応用(2年次)・実践(3年次)基礎(1年次)・応用(2年次)・実践(3年次)

豊富な実務研修で保育実践力を磨く

2年次までの学びをもとに、3年次は保育現場での長期研修を行います。
研修を通して実務能力・経験・自信を身につけます。

保育実務研修

保育現場と短大での授業の往還により“保育実践力”が身につきます保育現場と短大での授業の往還により“保育実践力”が身につきます

「子育て支援」を体験的に学ぶ

子どもの発達段階、親子への支援の方法を学び、さまざまな場面に応じた子育て支援力を養います。
2年次前期の「子ども基礎研究」と3年次後期の「子育て支援演習」の授業では、学生が主体となって子育てサロンを企画・運営し、多くの親子と関わります。

子育てサロン「ぷっぷぁ」

2008年度から本学で開設している子育てサロン。保育園や幼稚園に行く前の、家庭で生活している子どもとその保護者を対象に定期的に開催しており、地域の方々の交流の場になっています。

ある日の「ぷっぷぁ」ある日の「ぷっぷぁ」

他にも大垣市内の地域子育てサロン、子育て支援センターなどでも研修を行います。

専修科目による幅広い学び

自分らしさが輝く保育者へと成長できるよう、特別支援教育、レクリエーション、音楽、造形など、多岐にわたる分野の本学独自の専修科目を用意しています。
保育現場で生かせる保育技術を身につけるだけでなく、「音楽療法士2種」「レクリエーション・インストラクター」「初級障がい者スポーツ指導員」「認定療育士」など多くの資格取得を目指すことも可能です。

特別支援教育

一人ひとりの子どもの発達段階や特性などを理解し、園や家庭で必要な援助方法を学びます。

レクリエーション

運動や遊び、イベントを通して子どもの遊びとは何かを追求し、保育や地域で生かせる活動を学びます。

音楽

幼児向けの音楽を幅広く理解・研究し、音楽を通して子どもの心を育てることができる保育技術を修得します。

造形

楽しい造形活動をしながら、子どもの感性や表現力を養うための支援や指導方法を学びます。

独自の専修科目

特別支援教育研究/スポーツ・レクリエーション/ウインドアンサンブル/音楽心理学/音楽療法総合演習/器楽と表現活動/保育教材研究/障がい者スポーツ演習/生涯スポーツ/音楽理論/音楽療法/器楽/リトミック

(2019年度入学生 教育課程)

学科長からのメッセージ

保育者になりたい「あなたの夢」かなえます!!

幼児教育学科では、苦手なピアノが弾けた、100以上の手遊びを覚えた、動く玩具を考えた、幼児の笑顔にふれた、緑豊かな学舎で花や木を調べた、サークルで踊ってみた、テーマパークでおもてなしを学んだなど、ステキな保育者になるための「学びの仕掛け」を豊富に用意しています。フルネームで呼び合える学生と教員の距離も最大の魅力です!!

学科長 松村 齋