歯科衛生学科

医療系に関心がある高校1・2年生のみなさんへ

HOME

医療人として思いやりの心をもつ歯科衛生士に

社会で求められるスキルや知識をしっかりと身につけて
口腔ケアのスペシャリストに

歯科衛生士とは

歯・口腔の健康は、「自分の歯でおいしく食べる」、「楽しく会話する」など、健康で生き生きとした生活を 送るための基本となります。また、近年では、さまざまな調査研究から 「歯・口腔の健康と全身の健康の関係」が明らかになり、歯科衛生士の役割に関心が高まっています。 歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする 国家資格の専門職です。

ますます広がる活躍の場

歯科衛生士の活動の場は、歯科医院や総合病院の歯科口腔外科などがほとんどですが、近年、歯や口腔全体を通じた健康づくりが注目され、市町村の保健センターや教育機関、介護保険施設、企業など、歯科衛生士の活躍の場は拡大しています。

ニーズの高い国家資格

予防歯科の重要性が認知され活躍の場が多様化したことに伴い、歯科衛生士の求人数も年々増加。2019年度の求人倍率はなんと20.7倍にも達しました。これは歯科衛生士に対するニーズの高まりを裏づける数字に他なりません。
※歯科衛生士教育に関する現状調査より

結婚・出産後も復帰しやすい

結婚・出産・子育てなどを経て復帰している歯科衛生士は数多くいます。実は現役の歯科衛生士のうち7割以上は30歳以上です。子育てをしながら短時間で働ける職場も多く、やりがいをもって長く続けられる仕事です。

キャリアアップも目指せる

歯科衛生士として実務経験が通算5年以上を満たしていれば、ケアマネジャー試験の受験資格が得られます。認定を受けた要支援・要介護の方々のためのケアプランを作成し、該当する自治体や・各種サービス事業者・介護保険施設などとの調整をするのがケアマネジャー。将来的にも歯科衛生士のスキルを生かした活躍の場が広がります。

歯科衛生士について詳しく知りたい方は日本歯科衛生士会(参考)をご覧ください。

歯科衛生士になるために必要な学び

歯科予防処置

歯科の二大疾患である、むし歯と歯周病を予防するための業務です。フッ化物の塗布、歯垢・歯石の除去などを主に行います。

歯科診療補助

歯科医師の指示のもと、歯科医療の一部を担います。診療用器具の滅菌・消毒やX線撮影の補助、カルテ管理など、さまざまな仕事があります。

歯科保健指導

生活習慣病であるむし歯や歯周病の予防には、歯科保健指導が不可欠です。はみがき指導を主に口の健康全般についての指導を行います。

摂食嚥下
リハビリテーション

患者の生活の質を向上するために、摂食嚥下(食べる・飲みこむ)など口腔機能の維持と向上のための知識や技術を学びます。

大垣女子短期大学 歯科衛生学科ならではの5つのポイント

  • 充実した実習環境
    1. 最新設備による学内実習環境
    基礎実習 一人につき1台使えるよう模型ユニットが導入されおり、基礎から着実に技術を身につけます。
    相互実習 最新のユニットチェアが導入され、基本的な操作方法を実際の歯科医療現場と同じ環境で学ぶことができます。
    ※2021年4月現在、マネキン実習机保有台数68台、ユニットチェア36台
    2. 幅広い実習先

    ライフステージ別の口腔ケアをさまざまな施設で臨床・臨地実習として学びます。

    臨床実習 歯科医院・総合病院
    臨地実習 保育園・小学校・高等学校・高齢者通所施設・保健センター・特別支援学校
    3. 学生の地元で行われる臨床実習

    学生の居住地も考慮し、通いやすい最適な施設での実習を行います。

  • アカデミック・アドバイザー制度

    6~7人で1クラスとし、日常的に学生の指導を行っています。
    学修上の悩みや相談にも乗り、学生一人ひとりの学修課題を把握し、適切な指導助言を行う体制を整えています。

  • 「短期大学士」の学位取得

    短期大学卒業により、国際的に修得単位が通用するので、幅広い活躍が可能になります。

  • 総合短期大学ならではのメリット
    1. 多彩な教養・専門科目を学ぶ

    他学科の教員による豊富な授業が受講可能。

    2. 他学科の学生との交流

    教養科目の授業、サークル、イベントなどの課外活動を通してさまざまな価値観にふれることができます。

  • 卒業後のフォロー

    最新の技術トレーニングを実施するとともに、再就職なども積極的に支援をしています。

充実した設備で、実践的な技術を修得

歯科基礎実習室

学修効率の向上を図るため、歯科基礎実習室は1人につき1台を使えるように最新の模型ユニットを導入。また、併設の看護施設を使い、看護技術の基本を学ぶことができるのも大垣女子短期大学ならではの魅力。日々実習を繰り返し、歯科衛生士の基礎となる専門技術を一つひとつ確実に身につけていきます。

歯科臨床実習室

最新のユニットチェアが導入された歯科臨床実習室を使い、基本的な操作方法を実際の歯科医療現場と同じ環境で学びます。2年次後期から始まる歯科医院や総合病院での臨床・臨地実習に向け、実践的な知識や技術を確実に修得します。

ライフステージ別の口腔ケアを学ぶ

臨床実習
歯科医院

地域住民のための歯科医療を学びます。患者の状況から診療の流れまで歯科医療全般の理解を深めます。

対象:乳幼児期~老年期、障がい児・者

総合病院

歯科口腔外科での実習を行います。入院患者や手術前後の口腔ケア、あるいは難抜歯や全身疾患を持つ人などへの対応を学びます。

対象:胎児期(妊婦)~老年期、障がい児・者、周術期患者

臨地実習
保育園

遊びや食事をともにしながら、乳幼児期の成長・発達を学びます。食育やお口に関する絵本の読み聞かせ、昼食後の歯磨き介助や指導をします。

対象:乳幼児期

小学校

授業形式で先生となって、小学生に歯や口の大切さ、学年に合った歯磨きの方法などを指導します。

対象:学童期

高等学校

生徒一人ひとりに対して保健指導を行います。初対面の生徒と上手くコミュニケーションをとりながら、すぐに生かせる口腔ケア方法をアドバイスします。

対象:青年期

高齢者通所施設

主にデイケアで実習を行います。利用者の口腔ケアプランを立て、多職種が行うリハビリにも参加します。

対象:老年期

保健センター

主に10カ月児、1歳6カ月児、3歳児を対象とした健診に参加し、成長に合わせた指導や、子どもの発育について学びます。

対象:乳幼児期

特別支援学校

小中高等部の児童生徒とともに1日を過ごすことで、障がいの特徴を学び、個性に合わせた対応力を修得します。
実際に児童生徒への口腔ケアを行い実践力を養います。

対象:学童期、青年期、障がい児・者

学科長からのメッセージ

患者さんに優しく寄り添う歯科衛生士を育てます!

本学では短期大学として知識・教養を学修するのみならず、最新の歯科用ユニットを用いた実践重視の技術教育、“医療人としての態度”を身に付けるマナー教育に重点を置いています。「ほんの少しでも歯科衛生士に興味がある学生を一から育てる」ために、アカデミック・アドバイザーが一人ひとりの学修課題を把握し、丁寧に指導を行います。本学で学ぶことで“朗らかで優しい、技術も優れた歯科衛生士”になりましょう!

学科長 小原 勝