音楽総合学科

OG Voice

大垣女子短期大学で夢を叶え
社会で活躍する先輩にインタビューしました

2018年度音楽総合科卒業
〈管打楽器リペアコース〉
(北海道札幌市出身)

就職先名
株式会社グローバル
Voice 01

経験豊富な先生方から学んだ
確かな楽器修理技術

幼い頃に楽器を始めてから管楽器の修理に興味があり、全国で唯一、短期大学で楽器修理が学べる大垣女子短期大学に入学を決めました。
現場経験が豊富な先生方から高度な修理技術を学べることはもちろん、幅広い視野で楽器や音楽業界についての知識を修得できるカリキュラムがあることも大垣女子短期大学の魅力。リペアの先生方からは楽器修理の奥深さ、おもしろさを教えていただくと同時に、技術を高めるためには努力を惜しまないことが大切だと学びました。現在、管楽器・弦楽器を扱う商社の技術部で自社商品の検品・メンテナンスや、お客様からお預かりした楽器の修理を行っていますが、在学中の学びは『高い技術力を持った信頼される技術者になる』という更なる夢に向かって日々努力を続ける原動力になっています。
気軽に相談ができ、困った時には解決策を一緒に考えてくれる心強い先生方に出会えたこと、全国各地から集まった音楽や楽器が大好きな同じ目標を持った仲間と過ごした時間はかけがえのない宝物で、今も励みになっています。

2019年度音楽総合科卒業
〈ウインドアンサンブルコース〉
(山形県新庄市出身)

就職先名
航空自衛隊北部航空音楽隊
Voice 02

充実の公務員試験対策で
憧れの航空自衛隊音楽隊員に

高校生の頃から音楽関連の仕事がしたいと考え、その中でも公務員音楽隊に興味を持っていたところ、大垣女子短期大学では公務員試験対策に力を入れていることを知り入学を決めました。実際に短大ならではの教養教育やキャリア教育で、公務員試験対策や早期から自己分析の方法を学び、筆記試験や面接への不安を解消することができました。
また、音楽理論など講義系の授業では一人ひとりに合わせた丁寧な指導が受けられ、個別レッスンでは手厚い指導によって演奏技術や表現力を高めることができます。知識と技術の両面から理解を深めたことで、演奏を仕事にすることができました。
卒業後は航空自衛隊北部航空音楽隊に所属し、儀式や式典での奏楽や自衛隊広報のための演奏会を行っています。一般の吹奏楽団やオーケストラでは経験ができないような演奏会が多くあり、とてもやりがいを感じています。

2018年度音楽総合科卒業
〈ピアノコース〉
(岐阜県岐阜市出身)

就職先名
株式会社松栄堂楽器
Voice 03

学んだ知識や経験すべてが
今の仕事に生きています

幼い頃からピアノを習っており、音楽をもっと学びたいと思っていたところ、大垣女子短期大学の卒業生の方から「親切で優しい先生が多いよ!」と勧められたことや、グレード対策が充実していることを知り入学を決めました。
個別レッスンでは、少人数ならではの一人ひとりに合わせた丁寧な指導により、自分のペースで学修を進めることができました。グレード対策も基礎から応用までマンツーマンで深く学ぶことができます。また、5つのコースがある音楽総合学科ならではの多彩なカリキュラムによって、音楽的知識や技術、豊かな表現力を身につけることができ、演奏にもより一層深みが増したように思います。
現在は楽器店に就職し、楽器や楽譜の販売をメインに大人の音楽教室の担当もしています。在学中に学んだ豊富な知識を活かしてお客様の楽器購入のサポートができたときには、とても喜びを感じます。

2011年度音楽総合科卒業
〈ピアノコース/電子オルガンコース〉
(岐阜県高山市出身)

就職先名
ヤマハ音楽教室システム講師
Voice 04

学外演奏の経験から
魅せ方、聴かせ方を学びました

小さい頃から、ヤマハのグループレッスンに通い、エレクトーンとピアノを習っていたため、自然と「ヤマハの先生になりたい!」という夢を持つようになりました。その夢を実現させるため、充実したグレード対策でヤマハ音楽教室システム講師を目指せる大垣女子短期大学に入学を決めました。
在学中は、多彩なカリキュラムで、ピアノと電子オルガン両方のスキルを高めながら、多くの学外演奏の場で、観客への魅せ方、聴かせ方を学んだことが今の仕事に生かされています。
現在、ヤマハ音楽教室のシステム講師として幼児期の子どもたちから大人の方まで幅広く担当し、一人ひとりに寄り添って、楽しんで通っていただけるように心がけています。
素晴らしい先生方や同じ目標に向かって切磋琢磨し高め合える仲間に出会える大垣女子短期大学に入学して本当によかったです。

2013年度音楽総合科卒業
〈音楽療法コース〉
(愛知県大府市出身)

就職先名
社会福祉法人あゆみの家
Voice 05

音楽療法だけではない多彩なカリキュラムで
学んだ経験が今に生きています

もともとは介護士志望でしたが、大好きな音楽の力を介護の道に生かせる音楽療法士という資格を知り、大垣女子短期大学に入学しました。
在学中は、音楽療法に関する科目だけでなく、心理学をはじめとした大垣女子短大ならではの多彩な教養科目を学び、今の仕事の土台になりました。実習を通して障がいをもつ方々の自立支援を行う生活支援員という職種を知り、そういった方々の人生の支えになるような仕事をしたいという想いを抱くきっかけとなりました。
現在はデイセンターで生活支援員として利用者の支援や介助の仕事を中心に音楽療法も担当しています。
優しい先生方や多様な学科・コースの仲間に囲まれ、楽譜や資料がたくさん揃った図書館や仲間とゆっくり過ごせるサロンがある、そんな温かい環境で過ごすことができる大垣女子短期大学でぜひ学んでみませんか。