歯科衛生学科

在学生Voice

Voice 01

母に背中を押されて選んだ大学
学びを通して、歯科衛生士の可能性を知りました

大垣女子短期大学を卒業して歯科衛生士として働いている母の姿を見て、歯科衛生士に興味を持つようになりました。進学先を決める時に、母からの後押しがあったこと、短大に母が知っている先生もいて安心できたことが入学を決めた理由です。入学後には新入生歓迎会があり、同じ学科の子だけでなく、他学科の子ともすぐに仲良くなることができました。私は「踊ってみた」というサークルに入り、仲間とのダンスを楽しんでいます。実習では先の尖った器具を使うので、最初は器具の扱いに緊張しましたが、相互実習で患者役の仲間の感想を聞いて相手の反応を知ることで慣れました。入学前は、歯科衛生士は歯科医師の隣でサポートをするだけだと思っていました。しかし、実習を重ねるうちに、歯磨き指導や歯周病の予防処置など、歯科衛生士ができる業務の幅広さを知りました。2年次からの臨床実習がとても楽しみです。

歯科衛生学科 1年次

(岐阜県安八郡出身)

Voice 02

人を相手にした実習が増え
コミュニケーションの大切さを知りました

1年次は座学や模型を使った授業や学生同士の実習が多くありましたが、2年次からは地域の方を対象にした実習・演習が増えます。例えば、保健指導法は、学内の子育てサロン「ぷっぷぁ」で子どもと実際にふれあいながら指導を行い、また、高校生を相手に指導する機会もあり、幅広い年齢層への口腔ケアについて学びました。口腔健康管理演習では、高齢者や寝たきりの方など、特別な口腔ケアを必要とする患者についての学びが増えました。
高齢者の方は口腔内に水が多くあると、むせたり、誤って飲み込み肺炎を起こす可能性があるため、吸引しながら歯磨きをするなど、今までにない口腔ケア技術を学ぶことができました。今後は患者と接する際に技術だけではなく、笑顔や話しやすさなどのコミュニケーション能力も身につけていけるように取り組んでいきます。

歯科衛生学科 2年次

(岐阜県養老郡出身)

Voice 03

3年間の学びから感じたことは
歯科衛生士は患者に喜ばれる仕事

私が大垣女子短期大学を選んだのは、一般教養が身につくことと3年次に専修クラスが選択でき、しっかりと学ぶことができる環境があったからです。実習では、保健センター、一般歯科医院、総合病院などの実習施設に行き、乳幼児の検診や口腔ケアなど多くのことを経験しました。今では器具の扱い方だけでなく、治療の経過を把握して診療の補助や口腔ケアができるようになったことに自分自身の成長を感じます。治療後に患者から笑顔で「ありがとう」と言ってもらえると、歯科衛生士はやっぱり素敵な仕事だと思います。
今は3月の国家試験に向けて勉強をしています。わからない問題があると先生の研究室に質問に行きますが、丁寧に指導してもらえるので、安心して学修することができます。卒業後は、患者に安心感を与えることができる歯科衛生士を目指して頑張ります。

歯科衛生学科 3年次

(愛知県西尾市出身)