歯科衛生学科

在学生Voice

Voice 01

高齢者施設での実習に役立つ
口腔健康管理演習

「口腔健康管理演習」では、高齢者の口の中の汚れをスポンジブラシで除去する方法を学び、口腔ケアに対する知識と理解が広がりました。実践的な演習は、3年生で行う高齢者施設での実習に、とても役立つと思います。

歯科衛生学科

(岐阜県揖斐郡出身)

手作りのチャートが、実習で役立っています。

Voice 02

一人暮らしの私を支えてくれたのは
優しい先生と同じ夢をもつ仲間

「歯がきれいになれば人は自然と笑顔になれる!」そんなお手伝いができる歯科衛生士を目指して頑張っています。
それを実感させてくれた大垣女子短大の魅力は、歯科衛生士になるための専門的技術や知識はもちろん、短期大学士の資格が取れること。そして、学生の心に寄り添い親身に相談にのってくださる先生方の存在がとても大きいと感じています。その短大の雰囲気からか、県外出身の友人もすぐにできて、今では一緒に勉強したり、互いに教え合うなど、同じ夢に向かって学ぶ仲間の存在がとても心強く大きな励みになっています。
授業に関しては、実習時間数も多く内容も充実しており、実際の現場で使われている新しい設備で実習ができるのも大変恵まれていると思います。初めて学生同士で相互実習をした時は、患者役にケガをさせたらどうしようと考えるととても怖くて、自分を客観的に見る心の余裕もありませんでした。でも、相互実習で経験を積んでいくうちに講義での学びが線としてつながるようになり、歯科医院での臨床・臨地実習でもとても役立っています。
たくさんの友人と毎日一生懸命取り組んできたことをめいっぱい生かし、夢だった歯科衛生士になって、さまざまな年代の患者が笑顔で健康に暮らせるようにサポートをしていきたいです。

歯科衛生学科

(長野県上高井郡出身)

Voice 03

超高齢社会で注目される
摂食嚥下リハビリテーション学

高齢化が進む中、重要視されるようになった摂食嚥下リハビリテーション学がとても役立っています。実習先の老人ホームで飲み込む力の弱い高齢者の方に嚥下体操を行うなど、実践的な口腔ケア技術を学びます。歯科医療現場で即戦力となれるよう日々取り組んでいます。

歯科衛生学科

(岐阜県関市出身)

大きな顎模型でブラッシングの指導法を学びます。

Voice 04

親身な指導や最新設備が魅力。
夢の職業に確実に近づいています

小学生の時に歯列矯正をしており、その時に出会った歯科衛生士さんがとても優しくて、自分も大人になったらその人のようになりたいなと思うようになりました。大垣女子短大への入学は、歯科衛生士になるための受験資格と短期大学士の両方の資格が取れることが決め手になりました。
授業では歯科衛生士として必要な知識を身につけ、学内・学外の実習を積むことで歯科治療の現場で必要とされるスキルを修得していきます。学内実習の一つに相互実習がありますが、新型のユニットチェアを使い、ほぼ実際の現場と同じ環境で実習できるのが役立っています。放課後や夜遅くまで練習できますし、先生も時間を作って積極的に教えて下さいます。また、歯科衛生士役と患者さん役の両方を体験することによって、ここをこうされると痛いとか、ここをもう少し重点的にやってほしいとか患者さんの気持ちがわかるようになり、コミュニケーションもうまくとれるようになってきました。
学外実習の度に事前事後指導を熱心にやっていただけるので、苦手だったレポートも上手に書けるようになりました。
歯科衛生士は患者さんにとって一番身近な存在。自分がそうであったように、患者さんに優しく接することで、口腔ケアの大切さに気づいていただけたらと思います。そのためにも国家試験合格に向けて努力し続けたいです。

歯科衛生学科

(愛知県一宮市出身)

Voice 05

将来につながるカリキュラム!

基礎から専門まで何一つ無駄なものがない、全てが役立つカリキュラムです。実習と大学での授業との交互の学びで、より実践的なスキルが身についていると感じています。1年次の教養科目でも、「子育て入門」など、とてもいい刺激になりました。

歯科衛生学科

(岐阜県大垣市出身)

難しいけど大切なチャートづくり、頑張ってます!

Voice 06

憧れが確実に実現に近づく
幅広い学修と充実の実習が魅力

以前から歯科衛生士への憧れがあったのと、アルバイト先の歯科衛生士の方全員が大垣女子短期大学の出身だったこともあり、将来活躍できると感じたので受験しました。それと学位を取得できるのが大きな選択の理由です。
しかし、難しいことも多く、特に今授業で取り組んでいる説明カードをつくるのが大変。最初はとても難しくて全部やり直しに。でも友人と苦手なところを教えあったり、先生が親身になって相談にのってくれるので、最近は少しずつできるようになってきました。
この学校に入ってとても勉強になったのは「歯は全身の健康にかかわる」ということなど、総合短大ならではの幅広い知識が身についてきていること。それで、実習先でも技術と同じくらいとても大切な患者さんとのコミュニケーションの能力が高まってきていると感じています。
それと、模型とユニットチェアによる実習がとても充実していて、実力がぐんぐんとつくのが、本当に良かったと思っています。
オープンキャンパスでは、うずら卵の模様を取るなど、歯科衛生士の技術を感じてもらえる面白いイベントも行っているので、是非参加してほしいと思います。

歯科衛生学科

(岐阜県安八郡出身)