歯科衛生学科

先輩インタビュー

Voice 01

豊かな人生に欠かせない
歯と口腔のスペシャリストを目指して

高校時代に、「歯は人生の豊かさに欠かせない」という話を聞いたことをきっかけに、医療関係でありながら文系からでも目指すことができ、就職率も高い歯科衛生士を目指すようになりました。歯科衛生士には、口腔とその周辺に特化した専門知識とケアの技術が欠かせません。その点、大垣女子短大は実習用ユニットの数が多く、設備が充実していて課外時間でも練習に利用できるため、しっかり技術を磨くことができていると思います。また、授業についていこうと努力するうち自発的に行動する力も身につきました。わからないことがあったらいつでも気軽に質問や相談ができるアカデミック・アドバイザー制度も学びの強い味方です。

歯科衛生学科

(岐阜県出身)

Voice 02

患者の立場で技術を実践することで
より細やかな配慮ができるように

『患者さま⼀⼈ひとりのお⼝の状態や悩みに寄り添える⻭科衛⽣⼠になりたい』という目標に向かって、学内外での実習に励んでいます。2年次後期から歯科医院や総合病院での臨床・臨地実習に向けて行う相互実習では、歯科衛生士役と患者役を交互に経験し、「こうされると痛い」、「ここをもっと重点的にやってほしい」などの患者側の気持ちを実体験から理解できます。自分が感じたところを歯科衛生士役の時に配慮しながら行うため、技術だけでなく適切な声掛けまで考えながら丁寧に実践できたと思います。不安なところがあっても、放課後に自主練習ができ、先生も対応してくださるので安心です。
今後は、⾃ら学ぶという積極的な⾏動を⼼がけて、先輩である⻭科衛⽣⼠の⽅のアドバイスや技術を参考にし、⾃⾝の技術⼒アップにつなげたいです。

歯科衛生学科

(滋賀県出身)

2006年歯科衛生学科卒業

勤務先名
どんぐり歯科
OG Voice 01

結婚・出産を経ても続けられ
ずっと成長できる歯科衛生士の仕事

私は現在2人の子どもがおり、産休・育休をそれぞれ1年ずつ取得した後、育児と両立しながら歯科衛生士の仕事を続けています。出産で職場を離れても、職場や患者さんが復帰を心待ちにしてくれ、復帰後に喜んで声をかけてくれたことはありがたく、自分のモチベーションにつながっています。直接、患者さんと接する仕事なので、元気をもらったり、感謝されたり、今でも自分の成長を日々感じます。在学中の実習を通して自分のなりたい歯科衛生士像を思い描けたことが、今でもこの仕事を続けられている土台になっていると思います。

2019年歯科衛生学科卒業

勤務先名
おひさまデンタルクリニック
OG Voice 02

患者さんのお役に立てることが
現場で働く喜びです

在学中は、きれいで新しい実習室や少人数制の教育体制に加えて担任の先生によるフォローが心強く、安心して学業に励むことができました。国家資格取得というゴールを目指すだけでなく、努力を重ねた分だけレベルアップできることもうれしかったです。臨床・臨地実習では、会話によるコミュニケーションで患者さんにリラックスしていただく大切さを知り、お役に立てる喜びを実感しました。また、教養・キャリア基礎演習でメイクや身だしなみの整え方を学んだことは、歯の衛生を担うプロとして患者さんと向き合う今も役立っています。