デザイン美術学科

HOME

発想を形に夢を書描く、多彩な創造者に

社会に求められるアイデアや
新しい世界を構築できる感性を持つ、
これからのクリエイターを育てたい

基礎が身につく

さまざまな仕事に活用できる
基礎となる「絵を描く力」を
しっかりと修得

個性を磨く

理解できるまで徹底した
個別指導を行い、
一人ひとりの人間性を伸ばす

世界に羽ばたく

プロとしての社会に
支持される能力を身につけた
“必要とされるクリエイター”に

学科長からのメッセージ
この学校で自分の夢を見つけましょう!

デザイン美術学科は4つの専門コースに分かれていますが、特徴的なのは1年前期ではコース分けをせず、さまざまな基礎知識、技術を学ぶという方法をとっていることです。これは個々の学生に、より自分に合ったコースを見極め、学んでほしいという考えからです。結果、多くのプロ作家、デザイナーが巣立っていきました。「描く」「作る」ことを喜びとするみなさんが、自分の道を見つけ、進んでいくことを願っています。

学科長 田中 久志

身につくスキル

1年目の基礎力
1年目の基礎力
1年目で基礎力を身につけられたことで、
可能性が広がったと思います。
  • ●絵を描く力、パソコン操作

1年次にすべての基本となる「絵を描くこと」「絵を描くためのパソコン操作」などを学び、基礎力をしっかりと身につけます。さまざまな分野の基礎を学ぶことで、自分の適性や将来の指針を見極めます。

個別指導による
高い能力
個別指導による高い能力
先生に指導していただけたおかげで、
希望の仕事に就くことができました。

学生に応じた個別指導を基本とすることで、学生の能力を最大限に引き出します。学生一人ひとりの個性を伸ばしながら、様々な能力を高めます。

絵を描くことや、モノづくりを
職業として受け入れられる力
絵を描くことや、モノづくりを職業として受け入れられる力
2年間で学んだことが、今の仕事に
生きているのを感じます。

「好きなことを仕事にする」ためには、押さえておかなければいけない知識や考え方があります。作品のテーマを自分で決めて制作に取り組み、ポートフォリオ(作品集)を作ります。卒業までに社会人として幅広い分野で活躍できる力を養います。