歯科衛生学科

授業紹介

3年間の学びの流れ

3年間の学びの流れ

スライド

ピックアップカリキュラム

口腔健康管理演習
口腔ケアの基礎から専門的な技術まで総合的に実践

障がい者、要支援者、要介助者のQOLの向上のために口腔ケアを実践することは重要であり、口腔ケアは誤嚥性肺炎の予防にもつながります。基本的な介護技術を基礎として、各症例に応じた口腔ケア技術演習を修得します。

地域歯科保健活動
口腔の健康をサポートするための知識を修得

口腔の健康の保持・増進の大切さを知り、それをサポートするために必要な知識・技術を修得します。子育てサロン開催時に子どもたちに歯の大切さを伝えたり、地域の小学生や高校生を対象とした健康教育の実習を行います。

臨床・臨地実習
歯科衛生士としての専門性をさらに高める

歯科医院、総合病院、学校など、実際の歯科医療現場で約900時間におよぶ実習を行い、学内で学んだ知識・技術をより実践的なものとします。ライフステージ別の口腔ケアの実習を行うことで、歯科衛生士としての専門性をさらに高めます。実習前後の指導体制も充実しており、成長を支えます。

歯科総合演習
国家試験合格に向けて徹底したサポート環境

歯科衛生士国家試験関連科目の復習を行い、それぞれの科目への理解と応用力を深めます。この他、模擬試験(6~7回)の実施、各自の習熟度に合わせた指導、授業時間外でも相談できる体制など、国家試験合格に向けて徹底したサポートを行っています。

専門科目紹介

診療補助実習

診療過程における知識・技術や器具の取扱い、状況に合わせた適切な対応とともに、患者への配慮を修得します。

コミュニケーション演習

ロールプレイを用いたシミュレーション実習を行い、歯科衛生士役・患者役のそれぞれの立場で現場で必要なコミュニケーションの基本的知識や技法を修得します。

発達口腔保健学

ライフサイクルにあわせた基礎知識とライフステージ別の口腔内リスクを把握し、歯科保健対策を検討します。

実習

基礎実習

学修効率の向上を図るため、歯科基礎実習室は1人につき1台を使えるように最新の模型ユニットを導入。また、併設の看護施設を使い、看護技術の基本を学ぶことができるのも大垣女子短期大学ならではの魅力。日々実習を繰り返し、歯科衛生士の基礎となる専門技術を一つひとつ確実に身につけていきます。

相互実習

最新のユニットチェアが導入された歯科臨床実習室を使い、基本的な操作方法を実際の歯科医療現場と同じ環境で学びます。2年次後期から始まる歯科医院や総合病院での臨床・臨地実習に向け、実践的な知識や技術を確実に修得します。

教養科目紹介

女性学

女性をテーマとしてその特性を学び、さまざまな視点で女性の生き方について考えます。この授業は、全学科の教員がオムニバス形式で担当し、各々の専門分野からの視点や心理学的な切り口で学びを深めていきます。

子育て入門

子育てに携わる立場としての在り方や柔軟な対応を身につけ、子育ての基礎を学びます。

美術入門

西洋美術作品の歴史的背景などを学び、芸術作品を理解するために必要な知識を修得します。

音楽療法入門

音楽療法とは何かについて学びます。音楽活動を取り入れ、音楽が人の心と身体にどのように作用するかを体験します。

心理学

心理学は、目には見えない「こころ」の働きを科学的に見つけ、理解したり応用したりする学問です。見えないものが対象なので難しいところもありますが、「見えないものがみえる(わかる)」という面白さが味わえます。人の思考方法やものの見方、性格や心の問題の仕組みなどを学び、毎日の学修や人間関係を向上させるためのヒントにもなります。