幼児教育学科

在学生Voice

Voice 01

実習での経験を生かし、
将来は乳児保育に関わる仕事を

「乳児保育」の授業で赤ちゃんの成長について学びました。未満児の実習では乳児保育の授業で学んだ遊びの実践などが体験でき、とても興味が湧きました。学んだことを生かし、将来は乳児院などで赤ちゃんに関わる仕事がしたいと明確な目標ができました。

幼児教育学科

(岐阜県大垣市出身)

子どもが喜ぶおもちゃをつくるのも楽しいです。

Voice 02

3年制の良さを生かした実習内容
ここでの学びが将来につながります

将来は子どもに関わる仕事に就きたいと思い、いろいろな学校を比較検討し、大垣女子短大を選びました。決め手は3年制による実習プログラムが充実していること。特に3年次には長期間にわたる保育実務研修があり、保育現場と同じ雰囲気でじっくり学べることに魅力を感じました。
短大の授業はとても実践的で、保育現場での勤務経験のある先生が経験に基づいた具体的な事例を説明してくれるのでとても参考になります。そのうえ一人ひとりにアドバイスをくれるのも心強いです。
また、子育てサロン「ぷっぷぁ」では、ふだん接点のない保護者との関わり方を学ぶことができます。学生が主体となって実施するお楽しみ会では、大型絵本を読んだりすると、子どもたちから喜びの反応が返ってきます。保護者の方からも「いつも楽しみにしているよ」と声をかけられたりするのが、とても嬉しいです。
そのほかに「子どもの遊び」について深める分野では、手遊びやレクリエーションを考え、実践を繰り返すことで「遊びの指導力」を養うことにつながっており、自信をもって実習に取り組めますし、年齢に応じた子どもの発達を学ぶことで、より広い視野を持つことができました。
大垣女子短大での学びは、どれも将来に生かせることばかりです。ぜひこの学校で、保育者になる夢を叶えませんか。

幼児教育学科

(岐阜県大垣市出身)

Voice 03

一人ひとりの子どもに
適正な支援ができる保育者を目指す

「障がい児保育」では一人ひとりの子どもの心に寄り添う姿勢を大切にしながら、さまざまな障がいを持つ子どもについての知識や配慮の仕方、支援の方法を学んでいます。一緒に楽しむだけでなく、子どもたちの気持ちに寄り添える保育者を目指します。

幼児教育学科

(岐阜県大垣市出身)

手づくりのおりがみ帳は、実習の必需品です。

Voice 04

多彩な学びと経験が一番の魅力
保育者としての自信が持てました

元々子どもが大好きで、中学生の時に幼稚園で職場体験をしたことがきっかけとなり、将来は幼児教育に携わりたいと考えるようになりました。進路を決める際、大垣女子短大のオープンキャンパスに来たところ、3年制でじっくり学べることや、学内の子育てサロン「ぷっぷぁ」で子育て支援を体験でき、保護者との関わり方も学べるというほかの大学にはない特色に魅力を感じました。
大学は和気あいあいとした雰囲気でアットホーム。クラス全員の名前や顔がわかるし、先生との距離も近く、必要に応じて適切なアドバイスをもらうことができます。実習では自作のパネルシアターやエプロンシアターを子どもたちの前で上演することがあります。練習や準備は大変ですが、子どもたちの喜ぶ顔を見ると苦労も吹き飛びます。時には私たちが楽しいと考えたシアターの内容が子どもには興味をもってもらえないことがあり、子どもと私たちの視点が違うことも学びました。
また特別支援教育を学んだことで、支援を必要とする子どもたちのことが理解できるようになりました。最近では常に子どもの立場に立ってものごとを考えるように心がけ、大切なピアノの実技練習にも励んでいます。
大垣女子短大は、子どもたちとふれあいながら学べる環境が整っており、幅広い教育ニーズに応えられる特別支援教育のカリキュラムも組み込まれています。将来は、子どもの成長を支えられる保育者になりたいです。

幼児教育学科

(岐阜県岐阜市出身)

Voice 05

個性を生かして
自信につながる専修コース

通常の授業では、与えられた課題をもとに制作を行いますが、「保育教材研究」では、廃材を使用し、友人同士で意見を出し合って制作を行います。子どもたちのことを一番に考えながら話し合い、自由な発想で制作できる有意義な授業です。

幼児教育学科

(岐阜県大垣市出身)

毎日の活動を書きとめるノートと教科書は必需品です!

Voice 06

3年制でしかできない多くの経験。
そのすべてが確かな自信につながる

オープンキャンパスに参加して、大学の明るい雰囲気にひかれました。そして「3年制」という1年間も多く保育実習を行える環境があり、じっくりと学べることに魅力を感じて受験を決めました。
実際に実習が始まってみると、子どもたちがどのような行動をするのかわからず、自分がやろうと思ったことが上手く進まない難しさがありました。想像していたよりもずっと大変で、ときには実習の多さが負担に感じられることも…。
しかし、そんなときはいつも先生方や友だちの存在が力になってくれました。この学校は先生と学生の距離が近く、ちょっとした相談でも本当に親身になって聞いてもらえ、先生からいただく言葉が大きな自信につながっています。そして何と言っても、子どもたちが本当にかわいくて…。少しぐらい大変でもやっぱり頑張れてしまいます。
実習では年間を通して保育現場や子どもたちの変化が見られるので楽しみです。今学んでいるレクリエーションの授業では、いろいろな遊びを考えたり、ルールに沿って膨らませたりして、子どもが喜ぶ姿を想像しながら取り組んでいます。
必ず将来に生かせることばかりなので、保育者を目指す人は大垣女子短期大学がおすすめです。

幼児教育学科

(岐阜県揖斐郡出身)