幼児教育学科

在学生Voice

Voice 01

じっくり学び、
成長できる時間があります

保育者を目指したのは、中学生の時の職場体験で自分が通っていた保育園に行った時に、「こういう仕事に就けるといいな」と思ったことがきっかけです。高校生の時、インターンシップで園に行ったときに、私が園児だったころ担任だった先生に「将来は保育者になってね」と言われて、希望する気持ちが一層強くなりました。大学のオープンキャンパスには何度も参加し、そこで先生から「長期間保育現場で学ぶことで就職して自分が担任を持った時の自信に繋がるよ」と言われたことが入学の決め手になりました。
3年間しっかりと保育を学び、さまざまな資格を取得することで、自信を持って社会に出ることができる。今、そんな未来を思い描いて学生生活を楽しんでいます。

幼児教育学科 1年次

(岐阜県大垣市出身)

子どもが喜ぶおもちゃをつくるのも楽しいです。

Voice 02

実習で出会った子どものことをもっと知りたくて、学びが広がりました

実習の時に、自閉症の子どもと接することがありました。その子なりの生活のしにくさがあるなかで、配慮や支援の方法を学びたいと思い、「特別支援教育」の授業を受けました。障がいのある子は、周りから問題児のような扱いを受けることもあります。しかし授業で「問題はその子が原因で起こるわけではなく、その周りの環境や状況で起こるから、その問題だけ見ても解決しない」という言葉を受け、とても納得できました。この学びは、障がい児だけではなく、どの子どもにも通ずるものだと感じました。私はさらに学びを深めるために、3年次にも特別支援教育について学びたいと思っています。
子どもたちにはそれぞれ環境の違いがあります。一人ひとりの個性や、生活をしっかりフォローできる保育者になりたいと思っています。

幼児教育学科 2年次

(岐阜県大垣市出身)

Voice 03

2年次までの学びを実践する
3年制だからできる学びです

2年次までは短期間の実習が多く、子どもたちが騒いでけんかを始めても、どうしていいか分からない、先生方の対応を見て学ぼう、と思っているうちに時間が過ぎてしまうことが多くありました。3年次の研修は長期間なので子どもの成長や発達に合わせた保育者の対応をじっくりと学ぶことができました。2年次までに学んだことを保育の現場で実践する機会も多くあり、子どもとの関わり方を学ぶ良い経験でした。学科には保育者を経験された先生もいるので、実習での悩みや、遊びの進め方など、現場で活用できるアドバイスをもらえて心強いです。3年間さまざまな専門分野を学んだことで、保育士資格以外にも認定ベビーシッター・介護職員初任者研修の資格を取得することができました。卒業後これらの資格を保育現場で活用していけるよう頑張っていきます。

幼児教育学科 3年次

(岐阜県揖斐郡出身)