幼児教育学科

在学生Voice

Voice 01

少しずつ養われる保育者の目線に
学びの成果を実感

幼稚園教諭だった母の影響で以前から保育者の道へ進もうと決めていました。大垣女子短大を選んだのは、他の学校に比べ特別支援教育に力を入れていてしっかり学べると思ったからです。まだ学び始めたばかりですが、授業の中で先生が話してくださる子どもたちのエピソードがとても興味深く、保育者になった自分を想像して「私ならどう対応するだろう?」と考えながら聞いています。また、自分では気づかなかった私の長所を先生に見つけていただいた経験から、相手の欠点ではなく長所に目を向けられるようになるなど、学びの成果を実感しています。

幼児教育学科 1年次

(滋賀県出身)

Voice 02

実習を通して成長し
理想の保育者像が明確に

2年次に入ると保育園実習や幼稚園教育実習が続いて忙しくなりますが、現場で働く楽しさややりがいを感じることができます。子どもと直接関わることが増え、まだ上手く対応できなくて、もどかしさを感じることも。でも、保育者による実際の援助を見たり、質問してアドパイスをいただいたりすることで、成長のチヤンスに変えることができます。臨機応変な対応が求められるときにも自分で考えて判断できることも多くなり、実践力がぐんと伸びる時期でもあります。保育や幼児教育という仕事をリアルに捉え、理想とする保育者像が明確になりました。

幼児教育学科 2年次

(岐阜県出身)

Voice 03

3年制だからこそ
長く細やかに子どもたちと関われる

私が感じた3年制の最大のメリットは、長期にわたり現場で研修ができることです。子どもは一人ひとり異なり、さらに一日の中でも気持ちや機嫌が変化します。その様子や成長を長い間、近くで見て感じて向き合えるので学びもその分多くなりますし、実践力がさらに高まります。また、3年制だと時間に余裕が持てるため、保育教材の制作にもじっくり取り組めました。将来の目標は、子どもと同じ目線に立って一緒に楽しめる保育者。授業や実習で障がいをもつ子どもたちへの援助も深く学べたので、これらも最大限生かしていきたいと思います。

幼児教育学科 3年次

(岐阜県出身)