大垣女子短期大学  >  幼児教育学科  >  先輩インタビュー

幼児教育学科

先輩インタビュー

Voice 01

先生方をお手本に
保育者への道を歩み出しました

1年次は保育者になるための基礎を学び身につける段階ですが、保育者の立場に立って、どうすれば子どもたちに楽しんでもらえるか、その発達によい影響を与えられるかを考える日々です。何より「保育者は、子どもたちにとっての憧れ。お手本です」という先生からの教えは、私自身を支える言葉になりました。そんな先生方と学生との気持ちの距離が近いことは、大垣女子短大の大きな魅力。いつも親身になって支えてくださる心強い先生ばかりです。先生方のように、子どもにも保護者にも寄り添える保育者になるという目標ができました。

幼児教育学科 1年次

(岐阜県出身)

Voice 02

正解のない保育の現場で
子どもたちと向き合う実践の日々

2年次になると実習が増え、子育てサロン「ぷっぷぁ」で子どもたちと関わる活動も加わります。授業での学びをさまざまな場で実践することによって、応用力が身についたように思います。1年次に学んだ基礎を土台に技術を積み上げるイメージです。保育現場では、子どもによって必要な援助の量や幅が異なることに気づきました。年齢が違えば当然、できることが違います。同じ年齢でも個人差があるので、一人ひとりがその子らしく成長できるよう適切なサポートを行わなければいけません。実習を重ねるごとに、正解のない保育の難しさと面白さを実感しています。

幼児教育学科 2年次

(岐阜県出身)

Voice 03

さまざまな学びを経て
保育者としての自分の姿が明確に

1年次は講義も実習もこなすだけで精一杯でしたが、3年次になると子どもたちとの遊びやピアノ演奏の場面で、より楽しんでもらうための工夫ができるようになるなど、時間をかけて学べることのよさを感じています。特に保育実務研修は3年制ならではの貴重な経験でした。長期間同じ園に通うことで、季節の行事や子どもたちの成長を見ることができ1年間の保育の流れもわかります。入学当初は漠然とした夢だった「保育者」という職業が、今では自分の将来像としてイメージできるようになりました。これからたくさんの子どもたちと出会えることがとても楽しみです。

幼児教育学科 3年次

(愛知県出身)

2018年卒業

勤務先名
安八町立ふたばこども園
OG Voice 01

保育現場で実感するのは
3年かけて学んだ価値

在学時を振り返ると、3年制だったからこそ不安なく保育の仕事に就くことができたと実感します。保育実務研修や子育てサロン「ぷっぷぁ」で、子どもたちとの関わり方をじっくり学んだ経験から保育者となる自信を得ることができたうえ、公務員試験の準備も先生方に支えられてしっかりできました。今は、子どもたちの成長とその可愛らしさにふれられる環境でやりがいを持って働いています。毎日の遊びの計画を考えることに難しさを感じることもありますが、子どもたちの喜ぶ顔から元気をもらってがんばる日々です。

2018年卒業

勤務先名
大垣市立綾里幼保園
OG Voice 02

2年制の短大より1年多い分
着実に経験を重ねた保育者に

朝、「おはよう!」と園児たちが駆け寄ってきてくれると、保育者になってよかったと心から思います。幼い頃からの憧れを叶えられたのは、大垣女子短大での3年間があったから。先生方との距離が近く、同じ目標を持った仲間たちと助け合って学ぶことができました。特に、ひとつの園に約1年間、毎週2日通った3年次の保育実務研修では、四季を通じた行事や保育者の具体的な業務を深く知ることができました。2年制の短大より1年多く実習を重ねられるので、じっくりと学んで着実に保育者を目指したい方におすすめです。

2014年卒業

勤務先名
関ヶ原町立西保育園
OG Voice 03

在学中の経験や学びが
仕事とダイレクトにつながっています

夢だった保育者となり、毎日が充実しています。書類作成や保育の準備、子どもの発達理解など大変な部分もありますが、子どもたちの笑顔や日々成長する姿を見ると癒され、パワーをもらえます。運動会などの行事を子どもたちと一緒に考え、つくり上げたときは達成感を共有できてうれしいですし、進級や卒園時もやりがいを感じます。今の私があるのは、在学中の実務研修で現場の流れを知り、継続的に体験できたからこそ。大垣女子短大はぷっぷぁやこども祭など地域とのつながりが強く、先生との距離も近くて相談しやすいので保育者を目指すには最高の環境だと思います。

  • Instagram
  • LINE
  • YouTube

資料請求 資料請求