幼児教育学科

先輩インタビュー

Voice 01

少しずつ養われる保育者の目線に
学びの成果を実感

幼稚園教諭だった母の影響で以前から保育者の道へ進もうと決めていました。大垣女子短大を選んだのは、他の学校に比べ特別支援教育に力を入れていてしっかり学べると思ったからです。まだ学び始めたばかりですが、授業の中で先生が話してくださる子どもたちのエピソードがとても興味深く、保育者になった自分を想像して「私ならどう対応するだろう?」と考えながら聞いています。また、自分では気づかなかった私の長所を先生に見つけていただいた経験から、相手の欠点ではなく長所に目を向けられるようになるなど、学びの成果を実感しています。

幼児教育学科 1年次

(滋賀県出身)

Voice 02

3年制だからこそ
長く細やかに子どもたちと関われる

私が感じた3年制の最大のメリットは、長期にわたり現場で研修ができることです。子どもは一人ひとり異なり、さらに一日の中でも気持ちや機嫌が変化します。その様子や成長を長い間、近くで見て感じて向き合えるので学びもその分多くなりますし、実践力がさらに高まります。また、3年制だと時間に余裕が持てるため、保育教材の制作にもじっくり取り組めました。将来の目標は、子どもと同じ目線に立って一緒に楽しめる保育者。授業や実習で障がいをもつ子どもたちへの援助も深く学べたので、これらも最大限生かしていきたいと思います。

幼児教育学科 3年次

(岐阜県出身)

2018年幼児教育学科卒業

勤務先名
大垣市立綾里幼保園
OG Voice 01

2年制の短大より1年多い分
着実に経験を重ねた保育者に

朝、「おはよう!」と園児たちが駆け寄ってきてくれると、保育者になってよかったと心から思います。幼い頃からの憧れを叶えられたのは、大垣女子短大での3年間があったから。先生方との距離が近く、同じ目標を持った仲間たちと助け合って学ぶことができました。特に、ひとつの園に約1年間、毎週2日通った3年次の保育実務研修では、四季を通じた行事や保育者の具体的な業務を深く知ることができました。2年制の短大より1年多く実習を重ねられるので、じっくりと学んで着実に保育者を目指したい方におすすめです。

2014年幼児教育学科卒業

勤務先名
関ヶ原町立西保育園
OG Voice 02

在学中の経験や学びが
仕事とダイレクトにつながっています

夢だった保育者となり、毎日が充実しています。書類作成や保育の準備、子どもの発達理解など大変な部分もありますが、子どもたちの笑顔や日々成長する姿を見ると癒され、パワーをもらえます。運動会などの行事を子どもたちと一緒に考え、つくり上げたときは達成感を共有できてうれしいですし、進級や卒園時もやりがいを感じます。今の私があるのは、在学中の実務研修で現場の流れを知り、継続的に体験できたからこそ。大垣女子短大はぷっぷぁやこども祭など地域とのつながりが強く、先生との距離も近くて相談しやすいので保育者を目指すには最高の環境だと思います。