子どもたちに愛される「せんせい」になるために。

  • HOME
  • 特長
  • カリキュラム
  • 授業紹介
  • 資格
  • 教員紹介
  • 子育てサロン「ぷっぷぁ」
  • 卒業生インタビュー 活躍すつOGたち
保育のスペシャリストを育てるための3年制。

幼児教育学科では、保育者に求められている知識・技術はもちろん、子どもの"こころ"を深く学ぶため、特色ある3年制教育課程を導入しています。専修科目でより深く専門的に保育技術を磨いたり、保育現場でたくさんの経験を積むことにより、実践的な指導力や実務能力の更なる修得で、卒業後に即戦力として活躍できる保育者を育てます。

すてきな「せんせい」になるための3年間
1年次基礎 「保育者として」「人として」の自分を見つめ、
保育の基礎を学びます。
1年次基礎 基礎から応用へ。保育のさまざまな形を知り、
実践的な知識・技術を修得します。
1年次基礎 2年間で学んだことを現場での研修にいかし、
応用力と実践力を現場で身に付けます。
あなたの得意を活かす3つの専修クラス
専門科目を学び、更に音楽・造形・総合の専修科目で応用・発展をめざす。
教養科目、専門科目+専修科目(音楽専修科目、造形専修科目、総合専修科目)
6ヶ月間の保育実務研修
保育現場で継続的に研修を行うことで、実務能力・経験・自身を身に付ける。
地域で育む保育実践力・子育て支援演習
子育て支援の現場に参加し、保護者とのコミュニケーション法を体験的に学ぶ。
幼児教育学科の特長はこちら